サプリメントの位置づけ

サプリメントの位置づけ

 

最近ではマカサプリに関わらず、様々なところでサプリメントが進んでいますが、もともとサプリメントという語源は補足というところから来ており、サプリメントを使用するということは何らかの成分を補うということでもあります。

 

一般的に言われているサプリメントは食事の量を減らして必要な成分だけを効率よく摂取することを目的としており、マカサプリのように何らかの目的を持って様々な成分が配合されたサプリメントが市場に多く出回るようになったのは比較的最近のことです。

 

サプリメントと薬を混同する人が多くいますが、薬とサプリメントは異なるものであり、一般的に食品か栄養機能食品か特定保険食品かのいずれかに分類されるのが普通で、マカサプリは、特定保健用食品か栄養機能食品に分けられる場合が多くなっています。

 

ちなみに栄養機能食品の場合はある成分量が一定以上含まれている場合は許可を得ることなく販売することが可能となっており、その成分量がもともとマカには多く含まれているため、自然と栄養機能食品に分類されることが多くなっています。

 

特定保健用食品になると、厚生労働省の許可が必要になるので栄養機能食品に比べて商品化するには手間がかかりますが、厚生労働省のお墨付きということもあり、特定保健用食品は人気を集めています。

 

ただし、特定保健用食品だから効果があって一般販売されているから効果が無いということではないので、予算や成分からマカサプリを選ぶことをおすすめします。

 

関連ページ

マカのサプリメントとは
マカのサプリメントは精力剤だけではなくアンチエイジングのために製造される場合や健康促進のために製造されているサプリメントもたくさんあります。
マカサプリの使用を考える前に
マカサプリの使用を考える前に知っておくべき知識を紹介します。
インターネットを活用する
インターネットの場合は類似商品も多く販売されており、偽物も多いため、インターネットでマカサプリを購入する場合は信用性もきちんと調べる必要があります。
トラブルに注意
人によっては効果が全くでないこともありますが、高いお金を出して効果が無い場合は販売元とトラブルになることがあります。
効果や効用からマカサプリを選ぶ
マカサプリを使用する目的は人によって様々で、目的別にマカサプリも製造されているため、求める効果にあったマカサプリを選ぶ必要があります。