マカの産地

マカの産地

 

マカの産地として知られているのが南米のペルーですが、南米のペルーで取れるマカでも特に人気の高いマカの産地がボンボン高原と言われており、マカサプリを頻繁に使用している人ならマカサプリのパッケージなどで目にしたことがある人もいると思います。

 

ボンボン高原のマカサプリが4000mを超えるところに自生しているということがマカサプリの高い栄養分の秘密と言われています。

 

植物も人間と同じように酸素を吸収して二酸化炭素を排出していますが、高度4000mにもなると酸素量も減るため、生活していくにはかなり厳しい環境だと言えますが、その厳しい環境にも耐えぬくことで強いマカになり、様々な成分が作られていきます。

 

マカは低地にも自生するので、売られているマカサプリは高原で取れたマカの場合と低地で取れたマカの場合がありますが、低地で取れたマカよりも高原で取れたマカの成分が多く、健康成分や美容成分の密度が高いということは研究でも立証されています。

 

そのため、マカサプリを選んで少しでも性能の良いマカが含まれているサプリを選ぶ場合は含有されているマカの産地にも注目したいところですが、低地で取れたマカだからと言って著しく効果が落ちるということではありません。

 

関連ページ

マカとは
マカは精力剤としての利用だけではなく様々な用途で使用されるようになりました。
マカに含まれている成分
マカに含まれている成分について説明します。
マカの歴史
マカの歴史について説明します。
マカの副作用
マカの副作用について説明します。
マカサプリの種類
マカサプリの基本について説明します。